電子署名付電子メールとは

電子署名付電子メールとは

静岡銀行インターネット支店からお送りする電子メールのうち、送信元アドレスが「info-webwallet@shizugin.net」となっているものについて、電子署名をつけてお届けしています。

電子署名を付けることにより、以下のことを確認できるようになり、フィッシング詐欺対策等への有効な手段となります。

  • 電子メールの送信者が静岡銀行インターネット支店であること
  • 電子メールの内容が途中で改ざんされていないこと

なお、携帯電話向けの電子メールアドレスには、電子署名を付けずにお送りします。

※一部のウェブメールや携帯電話メールなどのS/MIME未対応の電子メールソフトウェアでは署名検証を行なうことができません。

電子署名とは

電子署名とは、送信するメールに「確かに本人からです」という証拠になる正式な印鑑を押すこと(この行為を電子署名するといいます)で、送信者の身元を明らかにするものです。この正式な印鑑は第三者機関によって審査され、認証されないと押すことができません。
当行では、この第三者機関として、デジサート・ジャパン合同会社から電子証明書を取得しています。

電子署名付電子メールの仕組み

静岡銀行インターネット支店からお送りする電子署名付電子メールは、S/MIME(※)という規格で送信します。
S/MIMEとは、電子メールシステム上で高度な認証や暗号化通信をおこなう規格でありPKI(公開鍵暗号基盤)を活用しています。S/MIMEを使用した電子署名付電子メールとは、送信側がメール本文と電子証明書に電子署名を付加し、添付ファイルに送信したメールです。

※S/MIME:Secure Multipurpose Internet Mail Extensions 電子メール暗号化方式の標準技術

電子署名付電子メールの確認方法

  1. セキュリティ警告出ていないこと
  2. 送信者アドレスが「info-webwallet@shizugin.net」であること
  3. 電子証明書の発行者が「Symantec Class 3 Organizational CA-G4」になっていること
  4. 電子証明書の発行先は「THE SHIZUOKA BANK,LTD.」となっていること
  5. 電子証明書の有効期限が切れていないこと

電子証明書の確認には、お客さまが使用されているメール受信用ソフトがS/MIMEに対応している必要があります。
S/MIMEに対応していない場合には、メール本文は表示されますが、「smime.p7s」という添付ファイルが添付されます。

ページトップへ