銀行口座の売買は絶対に行わないでください

○静岡銀行インターネット支店の口座において、最近時、口座が本人以外に利用され、資金移動先が特定の暗号資産交換業者または収納代行業者であった事案が複数確認されています。この資金移動は、犯罪で得た資金の出所を隠し、正当な手段で得た資金と見せかけるマネー・ローンダリング(資金洗浄)として、銀行口座を悪用する犯罪行為です。

○この対策のため、当面の間、特定の暗号資産交換業者および収納代行業者への資金移動を制限させていただきます。正当にご利用いただいているお客さまにはご不便・ご迷惑をおかけいたしますが、銀行口座の不正利用防止のため、何卒ご理解賜りますようお願い申しあげます。

○銀行口座を不正に譲渡・売買する方へ
 銀行口座の譲渡や売買は犯罪です。銀行口座の売買は、買う側はもちろん、売る側も罪に問われます。他の銀行で使用中の口座も含めてお持ちの銀行口座がすべて凍結されるだけでなく、将来にわたって新たな口座を開設できなくなり、給与受取や公共料金引き落としができなくなるなど、その後の生活に大きな支障をきたすこととなります。
 預金口座の譲渡や売買を行った方につきましては、当行から警察へ通報しますので、警察の捜査を受けることとなります。以上の法律違反により、「1年以下の懲役または100万円以下の罰金またはその両方」が科され、あなたは犯罪者になります。
 軽い気持ちで行った行為が、その後の人生を大きく狂わせてしまいます。SNS上や知人等から口座売買の話を持ち掛けられても、絶対に行わないでください。

ホームに戻る

ページトップへ