しずぎんインターネット支店
WebWallet
【しずぎんWebWalletサービス規定】
第28条 ワンタイムパスワードサービス(2)

3.ワンタイムパスワードの利用手数料は無料です。ただし、以下の事由により、お客さまがハードトークンの再発行を依頼した場合は、当行所定の手数料がかかります。当該手数料は代表口座にかかる各種規定にかかわらず払戻請求書の提出なしに代表口座から引落しを行うものとします。
(1)紛失、盗難、破損等による再発行
(2)ハードトークンを利用していたお客さまがワンタイムパスワードを利用解除した後、再度ハードトークンを利用するために行う再発行
4.ソフトトークンの有効期限は、ソフトトークンに表示されます。有効期限が近づいた場合は、その旨をソフトトークンに通知しますので、有効期限の延長を行ってください。ハードトークンの有効期限は、ハードトークンに記載されています。有効期限が近づいた場合は、その旨をお客さまが登録したメールアドレスへ電子メールにより通知しますので、インターネットバンキングより有効期限の延長を行ってください。当行から新しいハードトークンを郵送します。なお、有効期限の到来に伴うハードトークンの再発行は、前項に定める再発行手数料はかかりません。
5.ワンタイムパスワードおよびトークンは、お客さまご自身で厳重に管理し、他人に知られたり、紛失、盗難等に遭わないように十分注意してください。トークンを紛失した場合、トークンの偽造、変造等により他人に使用されるおそれが生じた場合、または他人に使用されたことを認知した場合は、直ちに電話等により当行に連絡するとともに、お客さまから当行に対し当行所定の方法により届出を行ってください。当行はこの連絡を受付けたときは、直ちにインターネット・モバイルバンキングの取り扱いを停止します。
6.当行が保有するワンタイムパスワードと異なる内容で当行所定の回数以上連続してワンタイムパスワードが入力された場合は、当行はインターネットバンキングの利用を停止します。インターネットバンキングの利用停止を解除するには、当行に対し当行所定の申込みを行なうものとします。
7.当行は以下の事由により生じた損害については責任を負いません。
(1)トークンの不具合等により、取り扱いが遅延し、または不能となった場合でも、このために生じた損害については、当行に責がある場合を除き、当行は責任を負いません。
(2)トークンの紛失、盗難、故障等の事由でワンタイムパスワードが必要な取引が不能・遅延となった場合(これらの事由がトークンの発行前や郵送手続き中(再発行の場合を含む)に生じた場合を含む)でも、このために生じた損害について当行は責任を負いません。。

戻る | 次へ

しずぎんWebWalletサービス規定へ
規定確認へ
しずぎんインターネット支店TOP
WebWalletサービス規定
  ┗第26条(2)

サイトマップ

COPYRIGHT(C) THE SHIZUOKA BANK, LTD.