【重要】インターネットバンキングマルウェア「DreamBot」による被害に注意

インターネットバンキングの預貯金を自動で不正送金する新型コンピューターウイルス「DreamBot」の被害が日本国内の銀行で初めて確認されました。
警察当局ならびに日本サイバー犯罪対策センターは、ご利用者が当該ウイルスに感染しているかどうかを確認できるサイトを開設しました。
安全のために、是非ともご確認をお願いします。万一、ウイルスの感染が判明した場合、当該パソコンやスマートフォンを利用したインターネット
バンキングのお取引はお控えください。

詳細はこちらをご覧下さい。
https://www.jc3.or.jp/index.html

一覧に戻る

ページトップへ